WordPress(ワードプレス)の更新

WordPress(ワードプレス)をバージョンアップ、更新ができない。

http://wordpress.org/wordpress-3.8.1-new-bundled.zip から更新をダウンロードしています… Warning: touch() [function.touch]: SAFE MODE Restriction in effect. The script whose uid is 10495 is not allowed to access /tmp owned by uid 0 in /virtual/xxxxxx/public_html/ドメイン/wp-admin/includes/file.php on line 179 Warning: unlink() [function.unlink]: SAFE MODE Restriction in effect. The script whose uid is 10495 is not allowed to access /tmp owned by uid 0 in /virtual/xxxxxx/public_html/ドメイン/wp-admin/includes/file.php on line 503 ダウンロードに失敗しました。: ファイルストリーミングの送り先となるディレクトリが存在しないか、書き込み不可になっています。 インストール失敗

とでてしまいます。
この自動アップグレードができない場合の対処法です。


XREA Plus(有料版)やコアサーバーでは、
セーフモードによる制限があり、Wordpressのアップグレードがズムーズにできないようです。


セーフモードによる制限と対処方法を参照


このワードプレスの自動更新の他、ファイルのアップロードや
プラグインの新規インストールができない場合も、

セーフモードによる制限が原因のようです。


今回の対処法としては、
PHP を CGI モードで動かすという方法をとります。


XREA・CORESERVER.JP で、
PHP を CGIモードで動かすという方法で対処したい場合、

次の内容を書いた「 .htaccess 」ファイルを「 wp-admin/ ディレクトリ」に置きます。


# 画像・ファイルアップロード

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

# プラグイン・テーマ 新規インストール/アップグレード

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

# 本体アップグレード

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


テキストエディタでUTF-8 BOM なしで保存します。
メモ帳などは使用しなでください。

文字コードを「UTF-8 BOM なし」にするのが大事です。

ファイル名は「.htaccess」です。htaccessの前にピリオド「.」をお忘れなく。




| WordPress(ワードプレス)ページのTopへ

WordPress(ワードプレス)インストール2

WordPress(ワードプレス)インストール1の続きです。

WordPress へようこそ。作業を始める前にデータベースに関するいくつかの情報が必要となります。以下の項目を準備してください。

1.データベース名
2.データベースのユーザー名
3.データベースのパスワード
4.データベースホスト
5.データベースの接頭辞 (1つのデータベースに複数の WordPress を作動させる場合)

もし何かが原因で自動ファイル生成が動作しなくても心配しないでください。この機能は設定ファイルにデータベース情報を記入するだけです。テキストエディターで wp-config-sample.php を開き、データベース接続の詳細を記入してこのファイルの名前を wp-config.php として保存してもかまいません。

おそらく、これらのデータベース情報はホスティング先から提供されています。データベース情報がわからない場合、作業を続行する前にホスティング先と連絡を取ってください。すべての準備が整っているなら…



サーバーのデーターベース情報にアクセスします。

コアサーバーの場合「確認」ボタンを押すと、
入力する項目の情報がポップアップで表示されます。


それぞれ契約しているサーバーにもよると思いますが、
私の場合は

データベース名⇒作ったデータベース名
ユーザー名⇒ユーザー名(データベース名と同じ?)
パスワード⇒サーバーのパスワードと一緒
データベースのホスト名⇒localhost
テーブル接頭辞⇒wp


を入力して、送信ボタンを押すと・・・


wp-config.php ファイルに書き込むことができません。
という画面に・・・。


サーバーの設定によってはこれで書き込み完了になる場合があるのでしょうが
私の契約しているコアサーバーはだめでした。

で。赤枠のテキストをすべて選択してコピーします。


このコピーしたテキストを
「wp-config-sample.php」 を開き、すべてはりつけして、

この「wp-config-sample.php」というファイルの名前を
「wp-config.php」 として名前を変更して保存し、

再アップロードします。



ファイルをアップロードしたら「インストール実行」ボタンを押します。

その後、サイトに関する必要事項を記入し
「WordPressをインストール」ボタンを押します。


| WordPress(ワードプレス)ページのTopへ