NTT西日本 CTU設定画面

NTT西日本のCTU設定画面、
NTT加入者網終端装置(CTU)へのアクセス方法。

当方は、NTTフレッツ光プレミアム(西日本)の契約です。
マンションタイプですが。


CTU設定画面・ログイン画面に
スタートアップツールなしでアクセスする方法の備忘録です。

スタートアップツールがインストールしてあれば
設定⇒CTU管理画面に入れます。

なければインターネットブラウザ(IEやFirefoxやサファリなど)
を開いてアドレス欄に

https://ctu.fletsnet.com
と直接入力してCTU管理画面にログイン。

nttcpu.jpg

↑https://ctu.fletsnet.com/CtuC101/init.do
の画面になりました。


すでに、無線LANが構築してあれば、これで入れます。

もし、アクセスしようとしているパソコンが
無線LAN設定されていなかったら、

有線でLANとLANをつないでやってみてください。
「WAN」じゃないですよ「LAN」同士ですよ。


それでもダメな場合は、おそらく、
パソコンのIPアドレスが「192.168.24.xxx」になっていないから。

NTT加入者網終端装置(CTU)のIPアドレスが
デフォルトでは「192.168.24.1」なんですね。

その場合は一時的に
PCのIPアドレスを変える必要があります。


関連記事:
IPアドレスの変更方法
IPアドレスを確認する調べ方「ipconfig」

| 2011年01月ページTopへ

coreserver.jp(コアサーバー)

コアサーバー(coreserver)という
レンタルサーバーを借りてます。




CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(15日間)

CORESERVER.JP(コアサーバー)は、

PHP+MySQLの快適性を重視した大容量の
次世代レンタルサーバーサービスです。

レンタルサーバー『XREA+』の仕様を基本に、
より高性能なサーバーと高速な回線で、

より豊富なリソース配分、より少ない定員数で
安定性を高めた上位互換サービスです。

VALUE-DOMAINとの連携で
マルチドメインの運用を自由に行えますし、

DNS設定とか使用している
サーバー名を選択するだけなので楽です♪

もう一度いいますね。


CORESERVER.JP(コアサーバー)は、

VALUE-DOMAINとの連携でドメインの運用を自由に行えます


ここがいいんですねー。すばらしく楽チン。

あ、そろそろコアサーバーの
更新手続きしなくては。


関連記事:コアサーバー(coreserver)とエックスサーバー(Xserver)比較





CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(15日間)

| 2011年01月ページTopへ