ping送信とは

Ping送信とは


簡単に言いますと、ブログの記事更新を
Ping送信受け入れ先に知らせることです。


例えば、このブログ。


新しく記事を書き、更新したとしても、
ランキングサイトにも登録していない、

ポータルサイトのように、
新着情報に載るわけでもないといったとき、

検索エンジンとPing送信先のサイトからしか
集客が出来ないのです。(今のところ)


MTブログにおいての集客方法としては、

1.検索エンジン
2.トラックバック
3.コメント周り
4.Ping送信先
5.SNSなど被リンク先

といくつか考えられますが、
このブログに関しては意図的に

「Ping送信」と「検索エンジン登録」「RSS/ブックマークの効能」
の集客力とSEOを調べています。(今のところ;笑)


私の感覚としては、Ping送信を行うことは、
PingサーバーやPingサイトとよばれている、

送信先からの入り口を増やすというよりも、


Ping送信を行うこと(Pingを打つという)により、
被リンク先を増やし、

検索エンジンに当ブログを拾ってもらいやすくするため
という認識でやっています。


SEOに関しては色々と他に要素が絡んできますので、
あえてここでは申しませんが、

個々ブログ記事ページで思ったよりいい結果がでていたりします。


Pingを打つのは簡単ですので、
今までやっていなかったのならぜひ、

記事更新時は毎回するように、常習化しましょう。


方法は、トラックバックを打つのと同じ感覚です。


各ブログサービスにおいて記事を各画面で、
Ping送信先という項目があるかと思います。

そこにPingを送りたい、Ping送信先のURLを取得し、
そのURLをコピーして貼り付けておいて、記事をアップします。

※Ping送信先がなければ、トラックバック送信先でもできる
 

無料ブログサービスを利用すると、
今ではほとんどのブログで(ないところあるんだろうか)

RSSフィードが設定されているので、

このことを知らない・気づいていない人が
以外に多いと思うのですが、

ブログがRSSフィードを自動生成される仕組み
になっているからこそping送信を行うことが有効なのであります。

RSSについても今後、折をみて
もうちょっとわかりやすく、書き残してみようかとは思っています。


ではでは、どこにPingを打てばよいのか?と思われるあなた、
次の記事でPing送信先一覧リストとともに、

私的、Ping送信の打ち方を説明させていただきます。


次の記事へ ping送信先一覧リストとpingの打ち方

Tb (0) | アフィリエイト情報ブログのTOPへ戻る