内職とは

内職。在宅ワークと内職という言葉がセットで扱われることも多いようです。
家に居ながらにして出来る仕事という意味でも、一般的に通用していますね。


以前、テレビ朝日系列でココリコが司会をしていた(←今もやってる?)
「いきなり!黄金伝説。」という番組の企画で、


在宅ワーク・内職を扱っていましたが。


番組内では、神社でのお守りについている飾り紐を結ぶというものや、
確かボールペンかサインペンか何かの組み立て、衣類の値札のタグつけ、
テープ音声からの文字起しなどだったような記憶があります。

(うろ覚えですので、実際そうであったかの確かな記憶ではありません)


昔からの、私のイメージとしては、内職は、子供がいて外に働けない人が、
家に材料を持ち込んで、単価の安い仕事を数でカバーして稼ぐイメージです。


私の母親も、自分が結婚する前に務めていた会社から、
学力テスト等の採点を委託で職していた記憶があります。


外注する企業も、結局は、単価を安く労働力を得ることが出来、
お互いにメリットがあるのかもしれません。


しかし近年、インターネットの普及に伴って、
在宅ワーク・内職の内容も変わってきたような気がします。


HP作成を手伝うものであったり、データ入力であったり。


インターネットを使用して在宅ワーク、
内職の仕事案内を出す所が多くなりました。


私も、6年ほど前に在宅ワークを始めようと、動いていた時期があります。


前の記事は在宅ワークの種類

次の記事は悪徳な内職商法


4.内職へ戻る


Tb (0) | アフィリエイト情報ブログのTOPへ戻る